雪損害にご注意ください。

経験したことのないような大雪に皆様お困りのことと存じますが、お怪我や事故は発生していないでしょうか?

東京海上日動事故ダイヤル(24時間オペレーター対応) 0120-119-110

雪により建物の損壊が発生したとき火災保険は適用になるのか?

建物そのものの損害であればご加入の火災保険が適用になる場合が多いと考えられますが、カーポートの損害の場合、屋外の付随物(門、塀、車庫)を保険の範囲に含める契約になっていないと対象とならない場合がございます。

加入条件等により対応が異なりますのでご加入保険内容をご確認ください。

 

車庫が倒壊して車が壊れた場合は車両保険がつかえるのか?

車両保険にご加入のお客様のうち一般条件、車対車+Aでご加入の場合対象となります。

また、屋根からの落雪による損害も同様に対象となります。

保険会社や契約条件により対応が異なる場合もございますので弊社以外でご加入の場合は加入保険会社へご確認ください。

 

いずれの場合も現場の写真を撮り、二次災害に注意して落ち着いてから事故報告してください。

 

竜巻による車両損害について

竜巻や台風による建物や家財の損害が火災保険で担保できる事は広く知られておりますが、

車両損害も、自動車保険に車両補償を付保していれば担保できます。

「一般条件」だけでなく「車対車+A」の条件付きでご加入の場合も大丈夫ですので、

万一被害に遭われた方はご加入保険会社にお問い合せ下さい。

 

被害者の皆様に心よりお見舞い申しあげます。