群馬県富岡市の保険代理店 東京海上日動火災・アフラック

生命保険料控除が24年から減額

国税庁の発表によると平成24年から生命保険料控除が減額されます。
昨今の年金問題を考えれば個人年金控除などの枠はむしろ広げて頂きたいのですが、目立たないところで国民生活はじりじり締め付けられますね。

簡単に説明すると月々の生命保険料が8,334円以上の方は、所得税の計算時に50,000円が所得控除される制度なのですが、これがなんと!

50,000円→40,000円に枠が減らされます。

さらに住民税の控除枠も

35,000円→28,000円に減額!!

 

具体例

具体的にどのくらい皆さんの生活に影響が出るのか計算すると、仮にご生命保険料が月々1万円、個人年金も月々1万円の場合

年収330-695万円までの方の場合、住民生を10%とすると。

23年中に加入なら27,000円が減税されるのに、24年からは21,600円になってしまう!!

つまり年間5,400円の増税と言うことになりますね。

 

『うわー、我が家は共働きなので1万円も増税するのか!!何でみんなもっと騒がないんだ?』

と思って調べたところ、23年年末までに加入している契約は今まで通りの控除枠とする規定のようです。

なるほど、旨く逃げたなぁ。

でも、この手の規定は忘れた頃にコロっと変わるんですよねー。私は全く安心できません。というか将来的にはこの控除枠自体無くなってしまうかも・・・。

 

個人年金も控除がある事を知らなかった皆さん。駆け込み契約は今がチャンスです!

お早めにご相談下さい。

 

*この件についてここではあえて難しく解説しませんでしたが、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm